妻が出産をして徒歩で行ける距離にある実家でお世話になているため、顔を見ながら夕食をもらいに毎日妻の実家へ行っているのですが、今日はカレーをごちそうになりました。このカレーというのが不思議なもので、どこで食べても、少し何かが違うのです。私たち夫婦内でも、私が作るカレーと妻が作るカレーで明らかに違うカレーができ、妻の実家でもお義父さんとお義母さんが作ったカレーでは違うカレーなのです。でも具はおなじみの、豚肉・人参・玉ねぎ・ジャガイモというシンプルな具材なのです。野菜の切り方や炒めるタイミングや時間、煮込む時間なのでこれほどに変わってしまうんだなと思うと、面白いなあとしみじみ思ってしまいます。
また、あまり気にならない方の方が多いのでしょうが、私としてはカレーの盛り方は左にご飯を盛り、右にカレーを盛り、食べるときに真ん中でご飯とカレーを混ぜながら食べたいのです。ですが、大体の人はご飯の上にカレーを掛けてしまいます。心の中で「違う、そうじゃないんだ」と思いながら食べているのですが、このこだわりは、あまり他の人にはないようです。もう少しこの「左ご飯に右カレー」が浸透してほしいと思っています。キャッシング 一番良いところ